1. HOME
  2. 外科手術によるペニス増大方法

外科手術によるペニス増大方法

外科手術によるペニス増大""

ペニス増大には外科手術を行うことも思い浮かんだ人は多いのではないでしょうか?一昔前では器具を使った増大方法とともにメジャーであった方法です。ペニス増大手術も2つの種類しかありません。ペニスを長くする手術か、太くする手術です。そこから術式が色々分かれ、各院独自の方法など様々なものがあります。では基本的なこの2つの方法はどうやってそれを成し遂げるのかを説明していきましょう。

ペニスを長くする手術

ペニスを長くする手術

一般的には長茎手術とも言われます。実はペニスには体内に埋まっている部分があることをご存知でししょうか。短いと言われる人は引き出されている部分が少ないため、そのように見えているのです。実際には3分の1程度の長さが埋まっていると言われています。

手術にはメスを入れる方法と、入れない方法があります。入れない場合は糸で引っ張りだして長さを出していきます。メスを入れない方が割安ですみますが、それを行えるかどうかはその症状により変わります。また数年経つと戻ってしまうため、切ってしまった方が永続的にそのままなため思い切ったほうがいいでしょう。一つ気を付けて欲しいのは勃起をしても、術前の大きさとあまり変わらない事が挙げられます。

ペニスを太くする手術

ペニスを太くする方法

注射することで、ペニスを一回り大きくする手術方法です。部位により呼び名が変わり、亀頭であれば亀頭増大、陰茎であれば陰茎増大と呼ばれたりします。そして注射する成分によっても効果は変わります。一般的な成分にはコラーゲンとヒアルロン酸があります。

費用は安いものの体内に吸収される期間が早く、コラーゲンであれば約半年程度で吸収されてしまうので再度注射をしなければなりません。近年ではアクアミドという、ヒアルロン酸とリメチルメタクリエートという物質が添加された成分が出てきており半永久的に効果は持続するようです。しかし体内に吸収され、残った物質でアレルギー反応を起こす人もいるそうなので危険も伴います。

まとめ

ペニスを手術で増大させる

いずれもリスクはあるものの半永久的に継続する術式も出てきています。もし手術を選択する場合経験豊富な医院を選ぶことが最も重要な事になるでしょう。小さいことで悩んでいるのは非常にもったいないことです。手術に限らずペニスの増大方法は数多くあります。自分に合うと思ったものを試して、大きなペニスと自信を手にしてみてください。

ペニス増大サプリはお薬なび
メニュー
カテゴリー